hexo で html をそのまま表示する

Google の webmaster 登録をしようと思い、画面をポチポチしていると、 /google13245.html みたいなものをそのままルート直下に配置する必要が発生した。

それを行うのに若干はまったので、そのメモ

やること

  1. source ディレクトリ直下にそのままに表示したい html を配置。
    • おそらく、source 以下のディレクトリ構造が基本はそのまま web 上の url 構造になるっぽい。
  2. _config.yml の skip_render にファイル名称を記述

    1
    skip_render: google13245.html

基本は、これでできるはず。 hexo generatepublic に html がそのまま出力されていればオッケー。

はまったこと: 何か render 処理が行われてしまう

手元で、上手く動作しなかった。 挙動としては、ヘッダやらフッタやらで、頼んでもいないのにいろいろ装飾された結果が public に出力されていた。

この挙動の解消の役に立ったのは次のリンク:

どうやら、ローカルでは db.json があり、それが何かしらのキャッシュのような機能をはたすらしい。

db.json を削除して、 hexo generate した結果、正しく url は表示された。