firebase, aws, adsense, amazon affiliate に載っけていいコンテンツ(リンク)

ブログなどをプラットフォームに載っけるにあたって、どこまで許容されるのか、という話がある。 基本的に日本に住んでいる場合は、日本の法律に従わなければならないが、 それに加えて、各プラットフォームがその利用規約に記述しているものにも従う必要がある。

いきなり ban されても悲しいので、それぞれのプラットフォームで何が許されるのかへのリンクを記述しておく。

AWS & Firebase

違法行為を助長するようなものは、だいたいアウト。

アダルト系は「児童ポルノ、獣姦、レイプ」が明確にアウト。 Firebase の場合はそれだけが明記してあって、割と明瞭。 AWS は上記を含む、わいせつなものが駄目、と書いてあるように読めて、少し規約に幅が設けられているっぽい。

Adsense

https://support.google.com/adsense/answer/1348688

めちゃくちゃ書いてある。

  • ありとあらゆるアダルト系
  • ヘルスケア
  • アルコール・タバコ

らへんですらアウト、というので厳しいな、という感じ。 上記リンクから、それぞれ具体的に何が駄目か、まで書いてあるので、それと一致しているかどうか確認しておくと良い。

Amazon Affiliate

https://affiliate.amazon.co.jp/help/operating/agreement/ref=amb_link_o85vg1eKMaKl7AM4zgInNw_13

  • アダルトは駄目。
  • 暴力的、差別的でもだめ。
  • その他、 Amazon が不適切だと判断しても駄目。
  • Adsense より若干厳しくないかも、ぐらい。
  • 逆に、 Adsense オッケーならば Amazon Affiliate もいけそう。

まとめ

Adsense まで見越したサイトを作るなら、下手にアウト項目に該当するジャンルは取り扱わないようにするのがベター。