hexo がサイトジェネレーターとしてベストな理由

有名なサイトジェネレーターには、主に jekyll, hugo, hexo がある。それぞれは ruby, golang, nodejs ベースのジェネレーターだと考えられる。

個人的に hexo が一番良いと思う最大の理由が、クライアントで利用したいライブラリと、サーバーサイドで必要な処理の両方を、同じ npm のパッケージマネージャで管理できること。

例えば、 reactjs を埋め込みたいとなった時に、hexo 以外だと npm (webpack) とそれぞれのパッケージマネージャに精通している必要があるが、 hexo ならば同じパッケージマネージャの中で管理できる。

また、 firebase コマンドがそうであるように、 hosting 周りのツールは npm で一番発展する力学がある、と思っている。

ウェブサイト自体をどうこうして、サーバーが特にいらないようなプロジェクト、つまりウェブホスティングである場合には、 npm エコシステムに全体が集約していくと思っている。