hexo はそこまでいいものでもないかもしれない

hexo こそが、イケてるサイトジェネレーターだ、というようなことを以前の投稿で述べたが、やっぱりそうじゃないかもと思い始めた。

まず、コミュニティがそこまで盛んではない。 具体的には、 stackoverflow での hexo は、クローズこそされないものの、回答がほとんどつかなかったりする。

次に、ソースコードがイケていない。 今日日のモジュールであるならば、 ES6 ベースの記述であってほしいが、具体的には変数がすべて var で定義するのが一般的であった時代のソースコードに見えている。 C が使える時代に assembly でアプリケーションを作らなければならないような辛さを感じる。

jekyll は、少なくとも日本語の記事は、ブロガーの人達が寄ってたかって量産した似たような内容で埋め尽くされていて、しかし、ちょっと気の利いたことをやろうとすると途端に情報が出てこない、みたいになっていた印象。

hugo はまだ触ったことがないが、 go ベースということただそれだけで、まっとうなコミュニティと最新情報があるのではないかと期待できる。 頑張って移行するかなぁ…